横顔

乾燥肌は化粧水でケアすることができる|様々な商品が開発されている

保湿を重視したケアを

長髪の女性

角質層に水分を与える

乾燥肌になってしまうと、肌がカサカサと荒れてしまうだけでなく、肌のバリア機能まで低下してしまいます。バリア機能が正常に働かなくなると、ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こしてしまう、敏感肌へと移行してしまうケースもあるので注意が必要です。乾燥肌を予防・改善するには、保湿ケアが必要不可欠です。特に洗顔後、最初に使用する化粧水は基礎化粧品の中でも、特に水分を与える効果に優れているので、質の良い商品を選びましょう。化粧水は肌の角質層に、水分を与える役割があります。角質層が潤いに満たされていれば、少々湿度が低い状態でも肌は乾燥しません。乾燥肌対策として化粧品を購入する場合、保湿成分がナノ化されているなど、角質層に行き届きやすく作られている、化粧品を選ぶ事がおすすめです。

保湿し過ぎにも注意が必要

乾燥肌対策として化粧水による、保湿ケアは必要不可欠です。しかし、保湿し過ぎによって肌トラブルが起こるケースもあるので、この点には注意する必要があります。肌の表面には角質層があり、この角質層が肌のバリア機能を担っています。過度に保湿をしてしまうと、角質層がふやけたような状態となり、かえってバリア機能が低下してしまう恐れがあるのです。化粧水を長時間、パッティングして付け続けたり、規定の量よりも多く使い続けていると角質層が乱れ、様々な肌トラブルを起こしてしまうかもしれません。乾燥肌を治したいとやっていたスキンケアで、余計に肌の調子を悪くしてしまっては、元も子もないでしょう。化粧水は規定の量をきちんと守り、過度な保湿を行わないという事が大切です。